芸能人の薬物汚染は、一般と比べて本当に多いのか?

工藤静香に関する逮捕関連のニュースを2ちゃんねるよりまとめます。工藤静香 酒井法子、工藤静香 ダウン症、工藤静香 薬、工藤静香 逮捕、工藤静香 覚醒剤、工藤静香 交友関係
お知らせ
 ※2009年8月13日、24時間で1万50000アクセスを達成しました。
 ※土日以外毎日更新していますので、よろしければお気に入りに追加ください。お気に入りに追加

2017年08月の人気記事ランキング
 1位 工藤静香が木村拓哉と結婚できた3つの理由
 2位 工藤静香の娘はダウン症?
 3位 覚醒剤の影響?工藤静香の激ヤバ写真
 4位 工藤静香の噂【大親友のりピー失踪】~2ちゃんねるより抜粋
 5位 工藤静香の隠された経歴「木村拓哉との結婚~現在」
 PR 無添加食材のオイシックス 脚やせ矢印芸能界裏事情ランキング矢印
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告その他の記事



芸能人の薬物事情って…?!→ranking
芸能人の薬物事情って…?!→ranking


(以下引用)

 芸能界ではこれまでも度々薬物汚染が問題となってきたが、ASKAや小向美奈子の逮捕により、再びクローズアップされている。

 過去に警察関係者が「芸能人の薬物依存は一般市民への悪影響が大きい」と語ったことがあるように、シビアな問題なのは事実だとして、果たして芸能人が他の職業と比べて薬物汚染の比率は高いのだろうか。

■警察庁の犯罪統計では

 まず、警察庁がまとめた犯罪統計から。

 「平成26年の薬物・銃器情勢」によれば、2014年の覚醒剤事犯の検挙人員は10,958人。この内訳が職業別に分類されていれば比較が可能となるが、実はそれが難しい。

 警察庁の統計は殺人や強盗などに代表される「刑法犯」とそれ以外の「特別法犯」に大別され、「覚醒剤取締法」や「大麻取締法」などは後者の特別法犯に分類されるのだが、警察庁に取材したところ「刑法犯」については職業別の分類が行われているものの「特別法犯」については行われていないとのこと。

 つまり職業別の検挙人員を知ることは我々には難しいというわけだ。

■民間ベースの調査では

 では民間の調査ではどうか。

 国立精神・神経医療研究センタ-精神保健研究所薬物依存研究部の和田清部長らが2013年に行った「薬物使用に関する全国住民調査」がある。

 これは全国の15歳以上64歳以下の5000人に対して、戸別訪問留置法による自記式調査で、隔年で行われているものだ。

 これによれば「覚醒剤使用のこれまでの経験(覚醒剤生涯使用経験)」について回答した2901人中、約0.5%にあたる14人が「ある」と答えた。

 これらはあくまで本人の自由意思による回答であるため、「『正直に答えたくない』という心理的バイアス」(報告書より)のため実態より低くなる傾向があるとされるが、回答者全体の約0.5%は200人あたり1人の計算となり、肌感覚としては高い。

 だが、この調査でも職業区分は行われておらず、客観的な数値で芸能人とそれ以外を比較するのは難しいのが実情だ。

■芸能界に薬物汚染が多いと思われる理由は何か

 比較が出来ないにもかかわらず、なぜ芸能界では薬物汚染が多いと思われがちなのか。

 理由の一つは、芸能人はメディアによって大きく報道される点だ。

 たとえば平成26年は、覚醒剤事犯の検挙人員が10958人いたにもかかわらず、10957人については全くというほど知られない一方、歌手のASKA一人だけが大々的に報じられた。

 つまり芸能人の薬物事犯は、その比率が他の職業に比べて多いかどうかとは無関係に、たった一人であってもその他全ての検挙人員を凌駕するほどのさらし者にされる点にある。

 これはメディアへの露出による印象面でのものだが、もう一つ、芸能界での薬物汚染が多いと思われる理由がある。それは、芸能界では薬物への誘惑が多く、薬物使用へのハードルが実際に低いことだ。

■売り手にとって都合のいい環境

 どんなビジネスにおいても、最も楽に儲ける方法はリピーターを増やすことだが、薬物においても、売人が最も楽して儲かる方法は同じ人間に何度も売ること。つまり使用者を薬物依存にすることだ。

 依存を招く要因としては「対象物(薬物)への距離」つまり入手のしやすさや「接触頻度」などが代表的だが、芸能界ではこれらの条件が売り手にとって都合のいい環境にある。

 過去に覚醒剤取締法違反で逮捕された某ミュージシャンも、音楽界では薬物への誘惑が多く、海外のスタジオでは当たり前のように使用されていたと語っている。つまり、一つめは「身近で使用している人が多い点」。

 二つめが、芸能人の場合、薬物使用で逮捕された人が数年後にカムバックしている例が多いなど、「使用へのハードルを低くしている点」。

 そして三つめが、一般人の場合は自分から入手に動かなくてはならないが、芸能人は職業上、不特定多数の人と接触することが多く、「売り手のほうから接触が可能な点」だ。

 つまり、芸能界には薬物汚染(依存)に陥りやすい条件が複数重なっており、それ以外の職業と比べて、問題が深刻である可能性は高いと考えられる。

 ただし、明確なデータがない以上、そうと断定することは避けなければならない。


(引用元:BIGLOBEニュース)


芸能人の薬物事情って…?!→ranking
芸能人の薬物事情って…?!→ranking
工藤静香逮捕関連その他の記事

 | Copyright © 工藤静香逮捕ニュースまとめ All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
アクセスランキング
FX比較
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。