ザ・シャーラタンズのティム・バージェス、薬物依存で歌えなくなった過去を明かす

工藤静香に関する逮捕関連のニュースを2ちゃんねるよりまとめます。工藤静香 酒井法子、工藤静香 ダウン症、工藤静香 薬、工藤静香 逮捕、工藤静香 覚醒剤、工藤静香 交友関係
お知らせ
 ※2009年8月13日、24時間で1万50000アクセスを達成しました。
 ※土日以外毎日更新していますので、よろしければお気に入りに追加ください。お気に入りに追加

2017年11月の人気記事ランキング
 1位 工藤静香が木村拓哉と結婚できた3つの理由
 2位 工藤静香の娘はダウン症?
 3位 覚醒剤の影響?工藤静香の激ヤバ写真
 4位 工藤静香の噂【大親友のりピー失踪】~2ちゃんねるより抜粋
 5位 工藤静香の隠された経歴「木村拓哉との結婚~現在」
 PR 無添加食材のオイシックス 脚やせ矢印芸能界裏事情ランキング矢印
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告その他の記事



ザ・シャーラタンズのティム・バージェスとは…→ranking
ザ・シャーラタンズのティム・バージェスとは…→ranking

(以下引用)
新作『モダン・ネイチャー』を引っ提げて先週来日公演も果たしたザ・シャーラタンズだが、ティム・バージェスは過去に歌えもしなければ自分の主張もできなくなったので薬物をやめることにしたと明らかにしている。

ティムは2006年の『シンパーティコ』制作中に薬物依存症がたたってなにもできなくなってしまったため、薬物を断たざるを得なくなったとNMEに明らかにしていて、「もう歌えなくなっちゃったんだ。歌うことができなくなっちゃったんだよ」と当時のことを振り返っている。

「あのアルバムは本当はエイドリアン・シャーウッドにプロデューサーをやってもらいたくて、ほかにもダブをインスピレーションにした作品からロック・アルバムにするようにと圧力もかかってたんだけど、当時のぼくはまったく使い物にならなくなってて抵抗もできなかったんだよ」

「歌うこともできなければ、自分のやりたいことを闘い取ることもできなかったし、音楽もさほどよくなくなっていたし、そこで意識的にすべてを変えようと決心したんだ」

マーク・コリンズも当時のティムについて「みんなでティムに『とりあえず、今日は帰って明日の朝また来いよ』って言わなくちゃならない時もあったんだよね」と振り返っている。

しかし、いったん薬物をやめてみると今度は大きな空しさに悩まされたとティムは振り返っている。

「しばらくは貝殻みたいな空っぽな気分が離れなくて、また魂となってる中身を作っていかなきゃならなかったんだよ。コカインっていうのは本当にゴミみたいな薬だし、実際に自分の中から魂を抜き出してしまうんだよ。それで魂のジムに通わなければならなくなったんだ」と語っていて、その後、超越瞑想の門を叩いたことを明らかにしている。また、当時の自分の薬物癖を今では次のように振り返っている。

「いろいろ実験するのは楽しかったよ。もう懐かしくもなんともないし、あの頃の自分とはもう違う人物になってると思うけど、でも、あの頃の自分はすごくあれで楽しんだということはわかってるよ。またああいうところに戻る気にはとてもなれないけど、いろいろ試して新しい薬をみつけたり、繰り出してはDJをやったりとか、そういうルーティンについてはしっかり楽しんだよ。それから朝目が覚めて、いろいろ考えて、『そろそろやめた方がいいかな』って思ったもんだよ」

(引用元:アールオーロック)


ザ・シャーラタンズのティム・バージェスとは…→ranking
ザ・シャーラタンズのティム・バージェスとは…→ranking工藤静香逮捕関連その他の記事

 | Copyright © 工藤静香逮捕ニュースまとめ All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
アクセスランキング
FX比較
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。