薬物治療中 ASKAは初公判でまともに証言できるのか

工藤静香に関する逮捕関連のニュースを2ちゃんねるよりまとめます。工藤静香 酒井法子、工藤静香 ダウン症、工藤静香 薬、工藤静香 逮捕、工藤静香 覚醒剤、工藤静香 交友関係
お知らせ
 ※2009年8月13日、24時間で1万50000アクセスを達成しました。
 ※土日以外毎日更新していますので、よろしければお気に入りに追加ください。お気に入りに追加

2017年09月の人気記事ランキング
 1位 工藤静香が木村拓哉と結婚できた3つの理由
 2位 工藤静香の娘はダウン症?
 3位 覚醒剤の影響?工藤静香の激ヤバ写真
 4位 工藤静香の噂【大親友のりピー失踪】~2ちゃんねるより抜粋
 5位 工藤静香の隠された経歴「木村拓哉との結婚~現在」
 PR 無添加食材のオイシックス 脚やせ矢印芸能界裏事情ランキング矢印
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告その他の記事


どうなる?!ASKAの初公判…→ranking
どうなる?!ASKAの初公判…→ranking

(以下引用)

 注目の初公判まで1カ月を切ったASKA被告(56=本名・宮崎重明)に、関係者がやきもきしているそうだ。

 「ASKAは現在、千葉市内の専門病院に入院、薬物依存の治療を行っていますが、精神状態がかなり不安定で、法廷できちんと証言できるのかと心配されています」(マスコミ関係者)

 ASKAは20年前から麻薬に手を出し、複数の愛人をつくり、クスリと行為にふけっていた。やりたい放題だったのが、5月17日の逮捕から一変、すでに2カ月半も“独房暮らし”だ。

「入院先の個室も外から鍵をかけられ、自由に出入りできません。面会も制限されています。重度のシャブ中ということもあるでしょうが、自由を奪われ、拘禁反応を起こし、心身に異常を来していたとしても不思議ではない。うつ状態から心が壊れてしまったり、最悪自殺に至るケースもあります」(医療関係者)

 もちろん、ASKAの病院は24時間の監視体制で、ばっちりケアしてくれるとはいえ、もともとASKAは“繊細なアーティスト”だ。まともな精神状態で出廷できるのか、確かに心配になる。

「ASKAの証言は、一緒に起訴された“愛人”の栩内香澄美被告(37)の裁判にも影響を与えます。検察サイドは、無罪を主張する栩内サイドに揺さぶりをかけようと、30代の一般女性とされるASKAの第2の愛人以外に、第3の愛人の証言まで用意しているといわれる。それなのに、肝心のASKAの証言が二転三転するなどして信用性が失われたら、目も当てられませんよ」(法曹関係者)

 あと1カ月でどうにかできる話でもなさそうだが……。

(引用元:日刊ゲンダイ)

どうなる?!ASKAの初公判…→ranking
どうなる?!ASKAの初公判…→ranking
工藤静香逮捕関連その他の記事

 | Copyright © 工藤静香逮捕ニュースまとめ All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
アクセスランキング
FX比較
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。