人気ラッパー、エミネムが過去の薬物摂取について語る「俺は死ぬと思っていた」

工藤静香に関する逮捕関連のニュースを2ちゃんねるよりまとめます。工藤静香 酒井法子、工藤静香 ダウン症、工藤静香 薬、工藤静香 逮捕、工藤静香 覚醒剤、工藤静香 交友関係
お知らせ
 ※2009年8月13日、24時間で1万50000アクセスを達成しました。
 ※土日以外毎日更新していますので、よろしければお気に入りに追加ください。お気に入りに追加

2017年11月の人気記事ランキング
 1位 工藤静香が木村拓哉と結婚できた3つの理由
 2位 工藤静香の娘はダウン症?
 3位 覚醒剤の影響?工藤静香の激ヤバ写真
 4位 工藤静香の噂【大親友のりピー失踪】~2ちゃんねるより抜粋
 5位 工藤静香の隠された経歴「木村拓哉との結婚~現在」
 PR 無添加食材のオイシックス 脚やせ矢印芸能界裏事情ランキング矢印
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告その他の記事



エミネム衝撃の過去→ranking
エミネム衝撃の過去→ranking

(以下引用)
人気ラッパーのエミネムが、過去の薬物中毒での恐ろしい経験について、赤裸々に語っている。

エミネムは、薬物使用と取引の実情を描いたドキュメンタリー番組「How To Make Money Selling Drugs(原題)」の中で、薬物依存に苦しんでいた頃を振り返った。

「いつ問題が深刻化したのか、はっきりとはわからない。ただ覚えていることは、続ければ続けるほど薬への依存がひどくなったことだけ」

薬物依存がいかに知らないうちに深刻化していくかを打ち明けたエミネムは、2005年に睡眠薬による薬物依存でリハビリ施設入りした当時を振り返る。

当時のエミネムは、ただの睡眠薬でなぜ周りの人たちが彼を非難するのか理解できなかったようだ。

「周りのやつらの言っていることが理解できない。やつらは俺の人生なんてちっともわかっていないんだ。俺はヘロインもやっていないし、コカインもやっていない」

ハードドラッグに手を出していなかった当時、エミネム自身は自分の薬物中毒を「うまくコントロールできる」と思っていたと話している。

しかし、その2年後の2007年12月、エミネムは鎮痛剤を過剰摂取し、自宅で意識不明となった。

「もし病院に着くのがあと2時間遅かったら、俺は死んでいた」

「俺の臓器が働かなくなっていたんだ。肝臓に腎臓、全てだ。医者たちは俺を透析にかけなきゃならなかった。みんなは俺がもたないと思っていたようだ」

退院して1ヵ月後には、薬物摂取が再発。同じだけの錠剤をのむようになっていたという。

「毎日家の中を歩き回り、俺は死ぬんだって思っていたのを覚えている。子供をみつめながら、子供のために生きていなきゃってことも思った」

薬物の影響下にあった当時、エミネムは誰かが自然な状態で幸せを感じたり、人生を楽しむことができることが信じられなかったと感じていたようだ。しかし、インタビューに答える今のエミネムはその考えを否定する。

「全ての人に言いたい。全て実際にはよくなるんだ、本当に良くなるんだってね」

現在、エミネムは17歳になる娘のヘイリー・ジェイドと元妻キンバリー・マザーズとの2人の娘の3人を扶養し、育てている。娘たちのためにも、過去の失敗を繰り返さないことを願うばかりだ。


(引用元:TVグルーヴ)


エミネム衝撃の過去→ranking
エミネム衝撃の過去→ranking
工藤静香逮捕関連その他の記事

 | Copyright © 工藤静香逮捕ニュースまとめ All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
アクセスランキング
FX比較
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。